心療内科でココロのケアを行ないましょう|モヤモヤを消し去る

言語障害の一種

カウンセリング

吃音は言語障害の一種であると考えられており、子供に多く見られる病気です。人前に話すことがストレスになることから、うつ症状や対人恐怖症を併発することがあるので早期に治療することが大切です。心因性や滑舌のせいだと勘違いされる吃音ですが、脳の機能の障害なのでトレーニングによって改善するのが効果的です。

もっと読む

心の病気のケア

医者

最近は、大阪でもカウンセリングを行うところが増えてきています。カウンセリングは、こころと身体のバランスを整えてケアしてくれるものです。心理療法は、長期間かかる場合がありますので、自分に合った心理療法を選ぶことをおすすめします。

もっと読む

心の病を軽視しない

悩む女の人

日常生活にも支障をきたす可能性がある心の病に関しては、放置しておくと命の危険性さえあり得ますので、心療内科などに相談する事が予防の一つでしょう。特に東京などの都会においてはストレスも多い可能性があり、定期的な相談も検討した方が良いかもしれません。

もっと読む

痛みと心理療法

女性

心理療法も効果的です

糖尿病や帯状疱疹に伴う痛みは、神経障害性疼痛の一つとして認識されています。こういった痛みは、神経障害が大きく関係しているのが特徴です。画像検査でも特に異常が見られないことが多く、治療のアプローチは一般の内科や外科では難しくなります。この手の神経障害性疼痛の改善に現在期待がもたれているのが、ペインクリニックです。このような診療科には、痛みの治療に精通した専門医が常駐しているため神経障害性疼痛にも通常とは異なるアプローチが出来ます。ペインクリニックでは薬物療法の他に、心理的な面に注目した認知行動療法などが行われるのが特徴です。断続的に生じてくる神経障害性疼痛は、精神的な影響も少なからず受けていると考えられています。ですので、最近ではこういった心理面からアプローチを仕掛ける治療も一つの選択肢です。状態によっては、一般の心療内科も神経障害性疼痛の改善には役立ちます。神経障害性疼痛は、実の所様々な面からアプローチを考えることが早く治すためのコツです。

痛みの認識が変わります

神経障害性疼痛は、痛みの原因が消失した後にも継続することがあるのが厄介な点です。痛みは脳に記憶される傾向があるため、一度得た感覚がその後も残ってしまうケースが少なくないと言えます。痛みを感じている期間が長いほど、記憶に残る可能性が高くなるため、治療も困難です。ペインクリニックの心理療法や心療内科の治療は、こういった複雑なメカニズムで発生する神経障害性疼痛にもアプローチが出来る点が好評を博しています。痛みの認識を変えることで日常生活が楽に送れるようになったケースもあり、神経障害性疼痛の新たな治療法として心理療法が注目されている状況です。このような療法を受けることで、過去に感じた痛みの記憶が少なからず変化します。従って、同じ刺激を受けた場合にも反応が変わってくるのが一般的な傾向です。不要な緊張がなくなるため、筋肉の凝りや血行不良が減ります。こういった変化も、痛みを軽くするためにプラスに働く要素です。ペインクリニックや心療内科は、このような心理面から痛みを改善していくことが出来るのが魅力と考えられます。